合成とナチュラル

鏡を持った笑顔の女性

更年期特有の症状を緩和するのに適していると言われているホルモン補充療法ですが、近年では美容効果が高いことが分かっており、美容クリニックなどでもホルモン補充療法治療が積極的に行われています。ホルモン補充療法は単純にホルモンを充填する治療です。女性も男性も人はホルモンによって様々な生理現象を行っています。特に女性はホルモンに支配されている割合が多く、美容等もこの性ホルモンによって左右されています。そのため不足しがちのホルモンを充填する治療を行うことで最適な生理現象を起こすことができ、女性の場合は美容効果を高めることにも繋がります。

究極のエイジングケアと言われているホルモン補充療法ですが、簡単に行えるものでありながらも、しっかりと吟味して行うことが求められます。その理由としてホルモンのバランスが崩れてしまうと非常に厄介という理由があるからです。安価に購入することが出来るホルモン医薬品の場合は合成ホルモンを使っている場合もあります。合成ホルモンとは人工的に作られた性ホルモンの事を指し、安易に摂取してしまうと通常のホルモンと異なる動きをすることもあり、必ずしもいい方向に作用するとは限りません。そのため美容外科等で行うホルモン補充療法にはナチュラルホルモンと呼ばれる人本来の性ホルモンを培養した物を利用します。こういったナチュラルホルモンは医療機関ではければ求めることが難しくなり、安価で購入できないのがほとんどです。一度ホルモンバランスを崩してしまうと更年期障害のように様々な体の不調が起きます。精神的にダメージが来る方もいれば、中には体調が崩れる方もいます。しっかりと吟味してホルモン補充療法を行うことが大切でしょう。