気をつけること | ホルモンを整えて若々しく変身しよう|輝きオーラで大変身

気をつけること

鏡の前で顔をチェックする女性

ホルモン補充療法を行なうのであれば、副作用が心配に思う人も多いのですが、その副作用がどんなものか理解している人は少ないのです。ホルモン補充療法を行なうと不正出血が起きる場合があります。これはカラダに重大な負担がかかっているというわけではないので、心配しなくても大丈夫です。
また乳房が張っている状態になったり、食欲不振になったりすることもあります。ホルモン補充療法によってこのような症状が起きてしまったときにはどうすると良いのかというと、薬を変更したり、量を変えることで対処できます。また、このような症状は放っておいても解決することはあまりないので、すぐに医師に相談してみることが大切です。また誰もがホルモン補充療法を受けることができるというわけではありません。基本的に乳がんや子宮がんの人はエストロゲンを注入することによって大きな影響を受けてしまうためできないのです。そのためホルモン補充療法を受ける前には乳がんや子宮がんになっていないかも診断してもらう必要があります。
また、心筋梗塞や、重度の肝障害、妊娠の可能性がある人の場合はホルモン補充療法を受けられないということを理解しておきましょう。日頃から健康を意識している人であっても、どんな病気になるかはわかりません。また更年期障害は人によって症状も様々なものがあるのでこれらを防ぐためにもホルモン補充療法を受けられるのかどうかを病院で医師に聞いてから、受けるようにしましょう。