摂取の違いと購入

鏡

アンチエイジングの方法としてホルモン補充療法があります。ホルモン補充療法は歳とともに減っていくホルモンを体外から補充することでホルモンによる活性化を行う治療法の1つで、女性の場合はホルモン補充療法を行うことで美容効果も高まり、また骨粗しょう症などを回避することも可能です。ホルモン補充療法は基本的に内服薬と塗り薬の2種類の方法があり、それぞれで効果が分かれます。内服薬の場合はダイレクトにホルモンを補充することが出来るため、非常に即効性があります。また100%ホルモンを補充することが出来るため、濃いホルモンを摂取することが出来ます。しかし内服薬の場合は直でホルモンを補充できる変わりに人によってはホルモンに左右されてしまい、体調を崩す可能性もあります。そこで用いられるのが塗り薬タイプです。塗り薬タイプの場合は塗ることで皮膚を通じて血中にホルモンが染み渡ります。徐々にホルモンが血中に入るため穏やかに摂取をすることが出来ます。

ホルモン補充療法は美容クリニック等の医療機関を受診することで処方されます。基本的に医薬品なため医療機関でなければ処方が出来ない特徴があります。一方通販などでは処方箋なしでも購入することが出来ます。通販で購入する時は一度は医療機関で受診している必要があり、一度も受診していない状況で購入するのは非常に危険になるでしょう。ホルモンを過剰摂取してしまうと体に悪影響をおよぼすこともあり、精神バランスを崩す事も考えられます。また医療機関で受診することで最適な摂取の方法を見極めることも可能になり、処方される医薬品の種類を知ることも出来ます。